仲介手数料について

宅建業法では、国土交通大臣が報酬額の限度を定め、宅建業者はその額を超えて
報酬を受領することはできません。


1.『売 買』の場合


200万円以下
売買価額の5%×消費税

200万円を超え400万円以下
(売買価額の4%+20,000円)             ×消費税

400万円超
(売買価額の3%+60,000円)             ×消費税

例えば1000万円の売買取引の場合は400万円超ですので、
(1000万円×3%)+6万円=36万円       36万円×消費税8%=

よって
当社の場合、価額1000万円の仲介手数料は38万8800円まで
              

代理(本人に成り代わって行う業務)の場合は、仲介の場合の2倍まで報酬を受領することが
できると定められています。その場合、38万8800円×2=77万7600円までとなります。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

2.『交 換』の場合

評価額の多い方を基準に、上記の計算式によって同じように算出します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

3.『貸 借』の場合

貸借双方から受け取る事のできる報酬額の合計(代理の依頼も同じです。)

賃料の1ヶ月分×消費税が上限

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

トップページへ戻る